川越祭り囃子保存会

住吉囃子連

囃子連の紹介 囃子の流派 山車の紹介

末広町高砂の山車

沿革

昭和25年 4月起工
大工 浦田文治・浦田一男
10月上棟式
川越氷川神社 山田勝利宮司より「高砂 住吉大明神」の位を授かる。
記念式典施行 初代町内鳶 水村栄吉
囃子は藤間囃子保存会
昭和33年 2月山車保存会 「高砂会」発足
昭和34年高砂の山車完成
皇太子ご成婚記念として川越まつりに参加
昭和37年市制40周年
旧相生町・厩下町・橘町・鷹部屋町の4町内合併
「末広町」に町名改定
「末広町 高砂の山車」として川越まつりに参加
昭和44年山車人形完成式典
「住吉大明神」 京都 井筒雅風 作
昭和47年見送り幕新調
京都 五大貿易(株)作
昭和54年彫金工事完了
宮本卯之助商店 作
昭和64年昭和天皇陛下崩御
元号が「平成」となる
平成 元 年高砂の山車曳行 30周年
平成20年川越市歴史文化伝承山車に登録
平成21年文化財保護課より山車の痛みが酷く危険な為曳行せずとの指示
平成22年山車修復の為分解搬出
修復依頼先 静岡県掛川市 宮大工(株)飛鳥工務店
平成23年新四方幕完成
京都 京美刺繍工芸 作
川越市立美術館に於いてお披露目
四方幕
平成24年10月修復完了
修復後の山車
末広町内にてお披露目
川越まつりに参加
平成27年10月京都に於いて人形の狩衣・袴・透冠復元新調
高砂の面復元